プレスリリース

全国の小学生が詠んだ65,377首の中から、しきなみ子供短歌賞3首が決定!

「第7回しきなみ子供短歌コンクール」表彰式を開催

2012年2月23日
社団法人倫理研究所

倫理研究所では、短歌づくりをとおして子供たちの感性を育み、国語力が向上することを願って、平成18年より全国規模の小学生短歌コンクールを実施しています。第7回の応募者数は65,377名。震災を詠んだ歌も数多く寄せられました。選考の結果、しきなみ子供短歌賞・文部科学大臣賞3名、特選29名、佳作464名が決定。下記の要領で、受賞した子供たちの表彰式を開催します。


―概要―


日 時:平成24年2月26日(日)14:00~15:45
場 所:ニッショーホール(日本消防会館/東京都港区虎ノ門2-9-16)
主 催:社団法人倫理研究所  後援:文部科学省
表 彰:しきなみ子供短歌賞・文部科学大臣賞3名、特選29名

―しきなみ子供短歌賞・文部科学大臣賞作品

【低学年の部】

二十年後またこの海で会いたいなぼくの手よりも小さなカメさん(静岡県・小学2年)

【中学年の部】

がれきの山見るのが辛く下を見た朝顔ひとつやさしくさいた(埼玉県・小学4年)

【高学年の部】

波の音こんなにやさしい夜の海人をのみこむ波に思えず(埼玉県・小学6年)


―しきなみ短歌会と「しきなみ子供短歌コンクール」―
しきなみ短歌会は、倫理研究所が主催する短歌の会です。昭和21年3月、丸山敏雄によって創設され。現在は全国378の支苑で、約5,700名の会員が学んでいます。広く一般の方を対象にした「初めての短歌教室」を開催するとともに、平成18年からは、全国の小学生に応募を呼びかけた「しきなみ子供短歌コンクール」も実施しています。


―本件に関するお問い合わせ先―
社団法人倫理研究所 広報部
〒101‐8385 東京都千代田区三崎町3-1-10
TEL 03-3264-2251 FAX 03-3264-7881

 

添付資料
| 「第7回しきなみ子供短歌コンクール」表彰式を開催(396KB) |
| 「第7回しきなみ子供短歌コンクール」特選29首(633KB) |

プレスリリース一覧へトップへ戻る