プレスリリース

「倫理研究フォーラム」を全国2ヵ所で開催いたします。

2018年5月21日
一般社団法人倫理研究所

「平成」の御代が間もなく終わろうとしています。
その歴史的な転機に、私たち日本人は、もっと自国について知り、先人の知恵に学んで、麗しい文化を次代につないでいく必要があります。 その一助となることを願って、今年度の倫理研究フォーラムを開催します。

 

―概要―


◆テーマ
 日本文化再発見―先人の知恵に学ぶ―

 

◆開催予定


平成30年6月9日(土)
13:30~16:10[予定]
平成30年7月22日(日)
13:30~16:10[予定]

加古川市民会館 川口総合文化センター リリア

加古川市加古川町北在家2000 川口市川口3-1-1




Ⅰ縄文から平成へ―日本文化の核にあるもの
 一般社団法人倫理研究所理事長 丸山敏秋

Ⅱ知られざる和食
 一般社団法人倫理研究所
 倫理文化研究センター専門研究員 寛ボルテール


Ⅰ縄文から平成へ―日本文化の核にあるもの
 一般社団法人倫理研究所理事長 丸山敏秋

Ⅱ子産み・子育て文化再考
 -受け継がれてきた日本人の知恵と「こころ」-
 一般社団法人倫理研究所
 倫理文化研究センター専門研究員 松本亜紀



丸山敏秋×寛ボルテール 丸山敏秋×松本亜紀


◆入場料500円(資料代)

 

丸山 敏秋  まるやま としあき

  一般社団法人倫理研究所理事長。 1953年、東京都に生まれる。東京教育大学文学部哲学科卒業。 筑波大学大学院哲学・思想研究科修了。文学博士。 著書に『道徳力』(風雲舎)『「いのち」とつながる喜び』(講談社)『美しき日本の家庭教育』(致知出版社) 『純粋倫理と科学』『母性とたましい』『丸山敏雄と日本』『ともに生きる』(以上、倫理研究所) 『家庭のちから』『おかあさん』『繁栄の法則』『生きぬく力』『「いのち」の輝き』『つながる』(以上、新世書房)他多数。

 

 

 

寛 ボルテール  カン ボルテール

  一般社団法人倫理研究所倫理文化研究センター専門研究員。1967年、フィリピン、セブに生まれる。 京都大学教育学部教育心理学科卒業。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科修了。 立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科博士後期課程修了。博士(異文化コミュニケーション学)。 和食、茶道などをキーワードに、日本の無形文化遺産と現代社会との係わりを中心に研究、国内外の学会や大学で発表を行なっている。 『万人幸福の栞(JOY FOR ALL)』、『純粋倫理入門(Understanding RINRI)』(新世書房)の英語訳もしている。

 

 

 

 

松本 亜紀  まつもと あき

  一般社団法人倫理研究所倫理文化研究センター専門研究員。1975年、宮崎県に生まれる。 琉球大学法文学部人文学科卒業。同大学院人文社会科学研究科修了。 津田塾大学大学院国際関係学研究科修了。博士(国際関係学)。千葉大学、津田塾大学非常勤講師。 近代化過程における「誕生/出産」と「死」の場の変化が、生命観や性に対する認識、家族・人間関係にもたらした影響に関心を寄せている。 共著に『赤ちゃんにおむつはいらない-失われた育児技法を求めて』(勁草書房)『性教育学』(朝倉書店)がある。

 

 

 

 

 

◆倫理研究フォーラムとは
一般社団法人倫理研究所 倫理文化研究センターでは、純粋倫理の研究ならびに倫理文化に関する研究の成果を広く公開・発信するために「倫理研究フォーラム」を開催しています。 研究発表とパネルトークを行ない、テーマ内容をわかりやすく解説します。

 

◆お問い合わせ先
一般社団法人倫理研究所 倫理文化研究センター
〒102-8561 東京都千代田区紀尾井町4-5
TEL 03-3264-2251(代表)

プレスリリース一覧へトップへ戻る