倫理の本棚 倫理の本棚

0

現在カート内に
商品はございません。

0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

倫理の本棚

    • 新世 2020年5月号(家庭向け総合誌)
  • 新世 2020年5月号(家庭向け総合誌)

    ¥ 300 (税込)

    数量

家庭向け生涯学習総合誌

生涯学習総合誌として、毎月、夫婦の関係、子育て、職場生活を充実させるポイントとなる記事を掲載しています。若い世代から高齢者まで、どなたにもお読みいただける雑誌です。

□巻頭言 丸山敏秋理事長「新世言」
テーマ 免疫力を高めるために
健康を維持するために大切なことは、免疫力を高める努力を普段から行なうことである。良質な睡眠の確保、食事の質と量の工夫、精神的ストレスを溜めない、そうしたことが免疫力の向上には効果がある。ウイルスの感染に不安を抱くことよりも、感染しないための取り組みに積極的になりたいものである。

■特集「ありのままに見る」
私たちは、物事をちゃんと見ているようで、実は見えていないこともあるのです。それは見る対象に対して、自分の「ものさし」で判断してしまうことがあるから。今月は物事の正しい見方について考えます。

◇連載
・実践の軌跡(倫理研究所会員の手記)
「亡き次男への思いを歌に託し、果たした再出発」
町田義三さん(家庭倫理の会 小田原)
突然わが子の死に直面した町田さんご夫妻は、深い悲しみを乗り越えて、新生活に至ることができました。

「働く喜びを教えてくれた母」
宮田満男さん(水戸東倫理法人会)
長年、農業に従事してきた母親の病をきっかけに、親孝行とは何かに気づかされました。

・わくわく子育て親育ち
「子供の心に寄り添い、真摯に耳を傾ける」
嶌本真人(倫理研究所研究員)
・美しきあきつしま
「耕して天に届く段畑(愛媛県)」
・聞かせて! 思い描いていた未来
「多くの人に支えられ、役者としての今がある」
松村雄基(俳優)

この商品のレビュー