メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?
月刊誌
月刊誌 > 「新世」
新世 2016年8月号(家庭向け総合誌)
商品コード:
901608

新世 2016年8月号(家庭向け総合誌)

価格(税込):
200
¥(税込):
¥ 200
倫理研究所発行(A5判 112頁)

生涯学習総合誌として、毎月、夫婦の関係、子育て、職場生活を充実させるポイントとなる記事を掲載しています。若い世代から高齢者まで、どなたにもお読みいただける雑誌です。
「体験記」は、主に子育て、家族関係、事業に関する手記を掲載。
「新世言」「特集企画」「こちら生活相談室」などの記事によって、守れば必ず幸せになる、生活の指針を示します。
数量:

新世 2016年8月号(家庭向け総合誌)

□巻頭言 丸山敏秋理事長「新世言」
「死は生なり」
我々現代人は、どんな覚悟で日々を過ごしているだろうか。
周囲に流され、惑わされてはいないだろうか。
今が楽しければいいと欲望を満たしてばかりだと、他人と対立したり健康を害したりする。
一度きりの人生を、幸福に導くための気構えとは?

□巻頭連載 歩み続けるひとびと「気と骨」第77回 
関島 登氏 92歳 長野県飯田市◎水ひき工房せきじま 
写真撮影/田中良知 取材構成/大久保學

■特集「夏休みの親と子」
学校が夏休みに入ると、親子で過ごす時間が長くなります。
宿題と遊び、家のお手伝いなど、バランスをどうするか?
子ども自身で計画を立てて、実行できるようになれば、一回り大きく成長するチャンスになります。
長い休みを有意義に過ごすヒントをお伝えします。

・レポート「長所を褒め、好奇心の芽を伸ばしています」藤原千鶴(家庭倫理の会神栖市)
・レポート「夏休み中も、普段のままの生活リズム」秋篠麻琴(家庭倫理の会筑前)
・夏休みの家庭教育「自主性を培う、四十日間のヒント」
・富士研の青少年セミナー「赤富士やご来光、満天の星を仰ぐ。
 夏休みだからこそ、日常と違う体験を」鈴江章・中村学(倫理研究所研究員)

■熊本地震の報告

◇連載
・明日へのエール⑳「日本の伝統文化を守り、後世へつなげよう」清水篤(倫理研究所研究員)
・つなぎ、拡がる倫理運動25「教育創生フォーラムin金沢」
・にっぽん名勝紀行⑧「盛夏の大地」山梨勝弘(風景写真家)
・摘んで、味わう野草帖⑧「ヒルガオ」「ホタルブクロ」岡田恭子(料理研究家)
・世界・一期一会⑧「インドその5」三井昌志(写真家)
・昔むかしの物語⑳「ゴロ吉とタゴ作」すずき大和(絵本作家)

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。