メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?
月刊誌
月刊誌 > 「新世」
新世 2016年9月号(家庭向け総合誌)
商品コード:
901609

新世 2016年9月号(家庭向け総合誌)

価格(税込):
200
¥(税込):
¥ 200
倫理研究所発行(A5判 112頁)

生涯学習総合誌として、毎月、夫婦の関係、子育て、職場生活を充実させるポイントとなる記事を掲載しています。若い世代から高齢者まで、どなたにもお読みいただける雑誌です。
「体験記」は、主に子育て、家族関係、事業に関する手記を掲載。
「新世言」「特集企画」「こちら生活相談室」などの記事によって、守れば必ず幸せになる、生活の指針を示します。
数量:

新世 2016年9月号(家庭向け総合誌)

□巻頭言 丸山敏秋理事長「新世言」
「紀尾井町を新たな拠点に」
今年の7月、倫理研究所本部が水道橋(千代田区三崎町)から千代田区紀尾井町に移転することとなった。
移転の経緯とは?
紀尾井町の歴史の紹介と共に、由緒ある地に移転してからの倫理運動の更なる発展を誓う。

□巻頭連載 歩み続けるひとびと「気と骨」第78回 
大山泰弘氏 83歳 東京都大田区・川崎工場・美唄工場◎日本理化学工業会長 
写真撮影/田中良知 取材構成/大久保學

■特集「すこやかな心と身体」
日本は世界に誇る長寿国ですが、国民一人当たりの医療費も年々増加しています。
どうすれば、いつまでも健康に暮らすことができるのか。
生活スタイルや食生活など、心と身体の関係(心身相関)を、様々な角度から考えます。

・座談会「常日頃から心がけているのは、喜びの働きと食生活への配慮」(家庭倫理の会中信)
・歩き方の基本「歩く時間を筋トレタイムに」山崎美歩呼(日本姿勢改善ウォーキング協会)
・まとめ「喜んで働く、サッと動く。健康は朗らかな心から」町筋幸江(倫理研究所生涯局特別顧問)

■熊本地震の報告

◇連載
・明日へのエール21「相手の思いを受け止めるには」藤崎正剛(倫理研究所研究員)
・活路は足もとにあり6「仕事の意義を見出す」丸山竹秋(倫理研究所前理事長・会長)
・わくわく子育て親育ち8「子供のすべてを受け入れ、包み込む愛情を」内田靖士(倫理研究所研究員)
・親と子のページ4「ようこそ!『子育てセミナー』へ」家庭倫理の会燕市
・にっぽん名勝紀行9「黒潮流れる足摺岬」山梨勝弘(風景写真家)
・摘んで、味わう野草帖9「サンジソウ」「ハギ」岡田恭子(料理研究家)
・世界・一期一会9「インドその6」三井昌志(写真家)
・昔むかしの物語21「ねずみ浄土」すずき大和(絵本作家)

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。