倫理の本棚 倫理の本棚

0

現在カート内に
商品はございません。

0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

倫理の本棚

よりよき人生を切り開くために必要な、「つながり」の自覚とは?

丸山敏秋著 B6判上製 304頁


インターネットを使えば、誰とでも一瞬に、世界中とつながる現代。
その一方で、家族や他者、自然とのつながりが希薄になっています。
見えない存在や領域との「つながり」の自覚を、もっと深めていかなければならない……。
誰もが漠然とそう感じ始めてはいるのではないでしょうか。
人は生きていく上で、自然はもとより、どれほどの他者やモノとつながっているのかー。
そこが明らかになるとき、ますます豊かで実りある暮らしが開けてきます。

表紙の装丁は、話題になっている葛飾北斎の版画です。
滝の上部の丸い部分は、上から覗いた滝口で、横から見た落下する滝と絶妙に組み合わされ、
北斎ならではの視点が印象的な作品。
日本人にとって滝は、古来から天と地をつなぐものとして信仰の対象でした。

この商品のレビュー