倫理の本棚 倫理の本棚

0

現在カート内に
商品はございません。

0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

倫理の本棚

    • 平成の大御代ー両陛下 永遠の二重唱
    • 平成の大御代ー両陛下 永遠の二重唱
  • 平成の大御代ー両陛下 永遠の二重唱

    ¥ 500 (税込)

    数量
“立ち読み”


偉大な平成の御代をたたえて、両陛下の一対の和歌を至上の二重唱として鑑賞し、その妙音に秘められたミステリーとメッセージを解く。皇后陛下美智子さまの御撰歌集『セオト せせらぎの歌』をパリで仏訳刊行し、広く感動を喚起した著者が、自身、詩人としての感性と憂国士としての熱情をかたむけて呈した、両陛下の永遠なる祈りと絶唱への讃美。


著者略歴
竹本忠雄(たけもと ただお)
日仏両国での文芸評論家、講演家。筑波大学名誉教授、コレージュ・ド・フランス元招聘教授。1974年に来日したアンドレ・マルローによる皇太子・美智子妃への御進講の通訳をつとめ、熊野・伊勢でマルローの得た啓示の意義を内外に伝えた。皇后美智子さまの御撰歌集『セオト せせらぎの歌』を仏訳刊行して深い感動を喚起し、国内で「祈りと御歌」三部作を出版。主著『マルローとの対話』。

ISBN: 9784897531854
書籍JANコード:1920092004634


※こちらの商品はAmazonでも販売中です。

この商品のレビュー