倫理の本棚 倫理の本棚

0

現在カート内に
商品はございません。

0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

倫理の本棚

    • 男を生きる
  • 男を生きる

    ¥ 1,000 (税込)

    数量

男としての生き方とは

倫理研究所編 新書判 242頁


社会の、家族の牽引車として目前の大小の事態をリードしなくてはならない男。そういう役割論を昨今、官民上げて嫌う風潮ですが、男の責任が減る気配はありません。どんな時代であろうと根幹に置くべき、男の不退転の生き方について、倫理研究所研究員が自身の体験を踏まえつつ、苦節を乗り越える喜び、醍醐味を語ります。

この商品のレビュー