プレスリリース

後援/文部科学省 産経新聞社 全国民間ラジオ局37社
「第18回地球倫理推進賞贈呈式」を開催

2015年3月6日
一般社団法人倫理研究所

平成26年7月1日より9月30日まで公募した「第18回地球倫理推進賞」には、国内活動部門33件、国際活動部門20件、総数53件の応募が寄せられました。外部ゲスト選考委員による選考会を含めて、三次にわたる厳正かつ慎重な選考の結果、国内活動部門に「網地島ふるさと楽好」、国際活動部門に「NPO法人 JYMA日本青年遺骨収集団」へ贈呈することが決定しました。つきましては、下記の要領で贈呈式を開催いたします。

 

―概要―
日 時:平成27年3月27日(金)10:00~12:00
場 所:倫理文化センター(東京都千代田区三崎町3-1-10)
主 催:一般社団法人倫理研究所
後 援:文部科学省、産経新聞社、全国民間ラジオ局37社
贈 呈:地球倫理推進賞(国内活動部門 /国際活動部門)、文部科学大臣賞(両団体)

―受賞団体―
【国内活動部門】網地島ふるさと楽好(代表:桶谷 敦氏)
【国際活動部門】NPO法人 JYMA日本青年遺骨収集団(代表:赤木 衛氏)

 
【国内】網地島ふるさと楽好
宮城県石巻市の沖合いに位置する、島民490 名の網地島。中でも網地浜地区は高齢者140 名が居住し、子供が1人もいない限界集落である。"島のおじいちゃん、おばあちゃん"として、共に遊び共に食事をしながら、虐待などで辛い目にあった児童養護施設の子供たちの心のケアを図る「ふるさと楽好」を開催。網地島の自然や人情に触れながら、傷ついた心を癒す取り組みを行なっている。
【国際】日本青年遺骨収集
旧戦地に赴いて、戦争というものを肌で体験し、真の友好を生むと同時に有志の学生により、「学生慰霊団」として発足。日本政府の遺骨帰還事業への協力を通じ、アジア・太平洋各地で、未だ祖国への帰還が実現していない戦没者・抑留中死亡者の遺骨収容活動や慰霊巡拝等を行なっている。これまでの派遣回数は323 回、1,769 名におよび、16万余柱の遺骨帰還を実現した。

 

―地球倫理と「地球倫理推進賞」―
「倫理とは人間の行なうべき"みちすじ"のこと。人間に対する道のみならず、すべての生物、無生物、自然物に対する"みちすじ"を総括して、地球倫理と名づける」――昭和60(1985)年、地球の安泰を最高目標としたグローバルな倫理として丸山竹秋(倫理研究所 前理事長)が「地球倫理」を提唱しました。それは倫理研究所が長年にわたって研究対象とし、実践・普及のよりどころとしてきた「純粋倫理」に基づいています。倫理研究所では平成10年に「地球倫理推進賞」を創設。毎年、地球倫理の推進に実践面で貢献している団体(または個人)を顕彰しています。

| 地球倫理推進事業 |

 

―本件に関するお問い合わせ先―
一般社団法人倫理研究所 広報部
〒101‐8385 東京都千代田区三崎町3-1-10
TEL 03-3264-2251 FAX 03-3264-7881

 

添付資料
| 各団体プロフィール(PDF形式)|

関連ホームページ
 ・NPO法人 JYMA日本青年遺骨収集団 http://jyma.org/

プレスリリース一覧へトップへ戻る