倫理研究所

倫理の17カ条

純粋倫理という
生活法則のエッセンスを凝縮して、
わかりやすい標語にまとめた
「万人幸福の栞17カ条」

倫理運動の創始者・丸山敏雄が、
長年の研究と数多の実践・体験を
通して抽出した17カ条は、
人生の難問を明快に解決する集大成。
標語の中には古来から
言われていたこともあれば、
一見、常識からはなれたような
こともあります。

しかし、どれもが実生活に
欠かせないことであり、
無条件にそのまま実行することで
必ず新しいよい結果が現れます。

それぞれの要点を紹介しましょう。

  • 01

    日々好日

    今日は最良の一日、
    今は無二の好機

    寒い日、暑い日、雨の日といろいろあるけれど、どの日がよくて、どの日が悪いということはありません。今日がいちばんよい日なのです。その今日は、今この一秒の集積ですから、「今がいちばんよいときだ」と、気づいたことを直ちに行ない、テキパキと処理することが成功の秘訣、健康の勘所です。

  • 02

    苦難福門

    苦難は幸福の門

    病気や災難、貧苦、家庭不和といった苦難が人生には多くありますが、これらは生活の不自然さ、心のゆがみを教えてくれています。したがって、苦難に直面したときは、嫌がったり逃げたりせずに、堂々と喜んで受け止め、自分を改めていくとき、幸福の世界が開けるのです。

  • 03

    運命自招

    運命は自らまねき、
    境遇は自ら造る

    私たちの生活と人生は運命という不可抗力で左右されるものではありません。自分の力で切り開くことができるのです。境遇も、自分の心の通りに変わっていくのです。運命を切り開き、境遇をつくるのも自分自身です。努力がすべてで、やればできるのです。

  • 04

    万象我師

    人は鏡、万象はわが師

    人は人、自分は自分だと考えるところに不幸が生じます。人はみな見えない次元でつながっていて、人は自分の心やふるまいを反映する鏡なのです。人を変えようとする前にまず自分を変える。身の回りに起きてくることは、自分を教え導く先生でもあります。心を空にしてその教えを聞き、心のゆがみや生活を正したとき、周囲もおのずと変わってくるのです。

  • 05

    夫婦対鏡

    夫婦は一対の反射鏡

    夫婦とは一組の合わせ鏡のようなもの。互いに照らしあい、お互いを映し合っています。ですから、相手を直そうとするよりも、まず自分をよくしていくことです。そうして夫婦がぴったりと合一するとき、一家の健康と発展はもとよりすべての幸福が生み出されます。

  • 06

    子女名優

    子は親の心を実演する
    名優である

    子は親の顔形から立ち居ふるまい、クセにいたるまでよく似ていますが、それだけでなく、親の心や行為をそのまま映し出し、身代わりに実演しているのです。子供が悪くて困るというとき、子供を責めずに、原因は親にあると自覚し、親自身が改めるとき、子供は自然に変わっていくのです。

  • 07

    疾病信号

    肉体は精神の象徴、
    病気は生活の赤信号

    肉体は心の容れ物であり、心のあらわれです。また、病気は一般に知られている原因の奥に、真の原因があります。心の不自然なゆがみや偏りが、肉体に赤信号としてあらわれているのです。朗らかで豊かなうるおいのある心は、病気を治癒するほどの力をもっています。

  • 08

    明朗愛和

    明朗は健康の父、
    愛和は幸福の母

    ひとりの人が朗らかだと、そのまわりまで明るくなります。明朗な心は、肉体の健康、家庭の健康、事業の健康のもと。また、愛によって和がなりたち、すべてが成就します。明朗と愛和の精神こそ、日常生活でもっとも心がけるべきことなのです。

  • 09

    破約失福

    約束を違えれば、
    己の幸を捨て他人の福を奪う

    社会生活には多くの法律や規制などのきめごとがあり、人同士で決めた約束があります。こうしたことを破ったとき、そのつけは必ず負わされるのです。約束はどんなことでも守り、まずは時間を守ることから始めましょう。

  • 10

    勤労歓喜

    働きは最上の喜び

    人はただ生きているだけでは何の意味もありません。働いてはじめて生きがいがあります。真心で働くとき、必ず「喜び」という報酬が得られ、肉体の健康も、物質の恵みも、地位も、名誉もついてきます。いま就いている仕事の尊さを自覚して、喜んで進んで働きましょう。

  • 11

    万物生々

    物はこれを生かす人に集まる

    物は人と同じようにいのちがあり、生きています。大切に使うと持ち主のために喜んで働き、粗末に扱えば反抗したり、喰ってかかったりします。なかでも物を象徴し、すべての財を具象した金銭は、もっとも敏感な生き物です。金銭はその人の努力に正比例し、欲心に反比例して集まってくるのです。

  • 12

    捨我得全

    得るは捨つるにあり

    物事がいつも順調に運ぶとはかぎりません。窮地のときは、思い切って欲心を捨て、絶体絶命のときには命すら投げ出す覚悟を決める。そうしたとき、思いもよらぬ好結果が生じるのです。私情雑念をさっぱりと捨て、明朗な心に達したとき、必ず危難から逃れることができるのです。

  • 13

    反始慎終

    本を忘れず、末を乱さず

    私たちは、枝葉のことには気をつけますが、本(もと)を忘れがちです。初心を忘れ、受けた恩を忘れるから、いつしか怠け、過ちをおかします。本を忘れないで、後始末をきちんとしましょう。とりわけ私の命の根元(もと)である両親の恩を感じ、祖先を敬う心が大切です。

  • 14

    心即太陽

    希望は心の太陽である

    都合がよいから希望をもつのではありません。一度しかない人生、二度と出くわすことのない仕事、世界にただ一つのこの生命だから、前途に燃えるような希望をもつのです。希望はいくら灯しても尽きることのない永遠の光なのです。

  • 15

    信成万事

    信ずれば成り、
    憂えれば崩れる

    自信のないことは失敗する。憂え心を抱いて弱気になると、物事はうまくいきません。きっとできるという信念が、そのことを成就させます。信は力なのです。

  • 16

    尊己及人

    己を尊び人に及ぼす

    世の中にたった一つしかない宝というべき自分の個性をできるだけ伸ばして、世のため、人のために働く。それが自分を尊ぶことになります。人の喜びをわが喜びに、人の悲しみをわが悲しみとする境地が開けるのです。

  • 17

    人生神劇

    人生は神の演劇、
    その主役は己自身である

    人生は、人間だけの小さな知恵やカなどを超えた、もっと大きなものによって動かされ、つくられていきます。これは神の演劇というべきもの。私たちはその演劇の主人公であるから、演出の作法である純粋倫理に則して、カいっぱい生き抜いていきましょう。

おすすめの本

至心に生きる

丸山敏秋
倫理運動の創始者・丸山敏雄が人生の真理に開眼し、「純粋倫理…

純情に生きる 稀代の教育者・丸山敏雄

高橋 徹
戦争に敗れ、国土が焦土と化し、人々の心も荒んでいた戦後日本…

みちしるべ

丸山敏秋
世の中が大きく変化しても、人が人として生きる心得や、生活の…

万人幸福の栞(大・ソフトブラック)

丸山敏雄
『万人幸福の栞』(丸山敏雄著) は、純粋倫理という生活法則を学…

万人幸福の栞 解説

丸山竹秋著
『万人幸福の栞』(以下、『栞』)の十七カ条について、一条ごと…

万人幸福の栞を読む

丸山敏秋著
筆者の丸山敏雄は、幾多の艱難辛苦があったからこそ、守れば必…

万人幸福の栞(小・ローズ)

丸山敏雄著
いつでも、どんなときにも、人生の指針となり、心の支えとなる…

万人幸福の栞(中・ブルー)

丸山敏雄著
『万人幸福の栞』(丸山敏雄著) は、純粋倫理という生活法則を学…

万人幸福の栞(大)

丸山敏雄著
本書に掲げられた17カ条を、日常の生活行動に活かし、守ること…

倫理経営原典

丸山敏秋編著
創立者と第2代理事長(丸山竹秋)が書き遺した膨大な著作から厳選…

朗読 万人幸福の栞 CD

丸山敏雄著
「万人幸福の栞」の朗読版が、4枚組のCDになりました。聴いて学…