倫理研究所

純粋倫理とは

守れば幸福になる厳然とした
日常の法則、生活の法則(くらしみち)。

「くらしみち」それが純粋倫理

自分をとりまく多くの人々や、
物や自然との関わりなしには
生きられない私たちです。
そこには、おのずから社会生活の規範が生まれます。
人と人、人と物、人と自然の間にある道。
幸せに生きるくらしみち。

純粋倫理が示すもの

物の世界に「物理」という法則があるように、
人間には「倫理」という法則があるのです。
「こんなときどう行動すればいいのだろう」
「どんな心がけが幸福を招くのか」
「人間関係をよくする秘訣はあるか」
「人生の岐路にたったときの心構えがほしい」
「この苦しみをどう受け止めればいいのか」…
そんな問いに答える人生の指針、道しるべとして、
人のあるべき道を純粋倫理は示します。

いつでもどこでも
誰でも実行できるもの

純粋倫理はただ知っているだけでは
意味がありません。
実際にやってみることで、正しさがわかるもの。
実生活に役立ててはじめて、
「なるほど、倫理とはこういうことか」と
腑に落ちるものです。
人間生活の規範といえば、
一般に「道徳」という言葉を連想します。
もちろん道徳は、
先人の叡智の結晶として尊ぶべきものですが、
特定の時代や
民族にしか通用しないものだったり、
「~べし」「~しなければならない」と規制が強く、
窮屈な面があります。
また、それを守ったからといって、
必ずしも幸福になるとは限りません。
純粋倫理は自分や人を縛るものではなく、
時代や場所、周囲の環境を問わず、
いつでもどこでも誰でも実行できるものです。

徳と福の一致

それを守って生活していくと必ず幸福となる。
徳と福が一致する。ここに大きな特徴があります。
純粋倫理は、丸山敏雄(倫理研究所の創立者)により
発見され、提唱されました。
丸山敏雄の遺した「万人幸福の栞」には、
そのエッセンスが17の項目に分けて
凝縮されています。
子供と親の目に見えないつながり、
働くことの意味、肉体と精神の関係、
捨てる極意、苦しみを幸福に転じる心の持ち方―
どれも日常生活にピタリと結びついた
暮らしの指針であり、
自然の法則です。

倫理運動創始者 
丸山 敏雄

1892(明治25)年5月5日、福岡県豊前市生まれ。広島高等師範学校を卒業し、師範学校などの教諭として奉職。37歳で広島文理科大学に入学。日本の精神文化、歴史を研究するとともに、書道や和歌など芸術分野でも研鑽を積む。1938(昭和13)年に「秋津書道院」、1946年に「しきなみ短歌会」を創設。さらに、長年にわたる宗教や道徳などの研究を土台に、自らの実践、体験を積み上げながら、人間生活のすじみちを研究し続け、それを「純粋倫理」と名づけた。その後、数多くの論文を発表し、純粋倫理を体系づける。1945年に倫理運動を興し、「新世文化研究所」(現・倫理研究所)を創立。自ら陣頭に立ち、一人でも多くの人の幸せを願い、教育や講演、執筆に身命を賭す。『万人幸福の未来』『無痛安産の書』『人類の朝光』など著書多数。1951年12月14日逝去。

倫理の17カ条

純粋倫理という
生活法則のエッセンスを凝縮して、
わかりやすい標語にまとめた
「万人幸福の栞17カ条」

おすすめの本

万人幸福の栞を読む

丸山敏秋著
筆者の丸山敏雄は、幾多の艱難辛苦があったからこそ、守れば必…

万人幸福の栞(小・ローズ)

丸山敏雄著
いつでも、どんなときにも、人生の指針となり、心の支えとなる…

万人幸福の栞(中・ブルー)

丸山敏雄著
『万人幸福の栞』(丸山敏雄著) は、純粋倫理という生活法則を学…

万人幸福の栞(大)

丸山敏雄著
本書に掲げられた17カ条を、日常の生活行動に活かし、守ること…

倫理経営原典

丸山敏秋編著
創立者と第2代理事長(丸山竹秋)が書き遺した膨大な著作から厳選…

歓喜の人生

丸山敏雄著
本書は創立者在世中、最後に出版された『人類の朝光』の続編。…

青春の倫理

丸山敏雄著
「青年諸君、理想を高くかかげよ、信念を強く打ち立てよ。堂々…

美しき妻の生きかた

丸山敏雄著
「女性には、男性を超えた素晴らしい天与の働きがある」と説く…

サラリーマンと経営者の心得

丸山敏雄著
「職業の倫理」「商売の秘訣」「商業の本道」「俸給者の倫理」…

人類の朝光

丸山敏雄著
苦難を恐れ嫌ってきたのは、長い錯覚でした。その中に幸福への…

学童愛育の書

丸山敏雄著
「親子相関の原理」に基づき、子供には指一本触れずに問題を解…

育児の書

丸山敏雄著
創立者が、数々の指導体験を基に「子女名優(子は親の心を実現す…

無痛安産の書

丸山敏雄著
本来の出産には痛みも出血もありません。愛の結晶たる懐妊(恵み…