倫理研究所

倫理文化研究センター
専門研究員

内田 智士
SATOSHI UCHIDA

  • 研究テーマ
    • 協働現象の数理解析
    • 協調の進化に関するゲーム理論的研究
    • 道徳心・社会規範のモデル化
    • 生態系の数理モデル研究
  • 学歴
    • 2001年3月 
      国士舘大学 工学部 電気工学科 卒業
    • 2003年3月 
      国士舘大学 工学研究科 電気工学専攻 修士課程 修了
    • 2008年1月 
      ドイツ・ダルムシュタット工科大学 物理学研究科 博士課程 修了
  • 職歴
    • 2007年9月-現在 
      一般社団法人倫理研究所(専門研究員)
    • 2008年4月-2010年3月 
      ウィーン大学 数学研究科(客員研究員)
    • 2011年4月-現在 
      国士舘大学 理工学部 理工学科(非常勤講師)
  • 学位
  • Dr.rer.nat.
    (ドイツ・ダルムシュタット工科大学、2008年1月)
  • 業績
  • 学術論文
    • “Hybrid Assessment Scheme Based on the Stern- Judging Rule for Maintaining Cooperation under Indirect Reciprocity”,Games(2020),11(1),13
    • “Evolution of Cooperation with Peer Punishment under Prospect Theory”,Games (2019), 10(1),11
    • “A Theoretical Approach to Norm Ecosystems”, Frontiers in Physics (2018), doi:9/fphy.2018.00014
    • “A norm knockout method on indirect reciprocity to reveal indispensable norms”, Scientific Reports (2017), doi:10.1038/srep44146
    • “The Evolution of Reputation-Based Cooperation in Regular Networks”, Games (2017), doi:10.3390/g8010008
    • “Commitment to cooperation and peer punishment: lts evolution”, Games(2015), doi:10.3390/g6040574
    • “Voluntary rewards mediate the evolution of pool punishment for maintaining public goods in large populations”, Scientific Reports (2015), doi: 10.1038/srepo08917
    学会発表
    • 「プロスペクト理論による一般的互恵性の進化 」電気学会・電子情報システム部門大会(2019)
    • 「ゲーム理論による『恩送り』の解析」 電気学会・電子情報システム部門大会(2018)
    • 「認知のゆがみがもたらす懲罰および報酬行動への影響について」電気学会・電子情報システム部門大会(2017)
    • “Games with prospect;a simple solution mechanism to social dilemma”, MMEE2017(2017)
    • 「協調性の発展に対する学習プロセスの影響について」電気学会・電子情報システム部門大会(2016)
    • “Comparison of different learning processes in indirect reciprocity”, ECMTB2016(2016)
  • その他
    • 論文査読(2020-2021):Nature Human Behaviour, Scientific Reports, Mathematical Biosciences, Games (MDPI), 他多数
    • 学術誌Games(MDPI出版), スペシャルイシュー “The Evolution of Cooperation in Game Theory and Social Simulation”エディター(2018-2019)
    • DAAD奨学生(2002年5月~2004年8月)
    • ドイツ学術協会研究プロジェクトGRK340 “Communication in Biological Systems” 奨学生(2004年9月~2007年8月)
    • Best paper award (11th Asia-Pacific Conference on “Fundamental Problems of Opto- and Microelectronics”, Dalian, China, 2012)

高橋 徹
TORU TAKAHASHI

  • 研究テーマ
    • 天体周期(太陽系の諸惑星の周期体系)
    • マヤ暦
    • シャーマニズム
    • 純粋倫理および丸山敏雄の思想
    • 脱社会化
  • 職歴
    • 2003年6月-2009年8月 
      一般社団法人倫理研究所(客員研究員)
    • 2009年9月-現在 
      一般社団法人倫理研究所(専門研究員)
  • 業績
  • 著書
    • 『マヤン・カレンダー 2012』
      (ヴォイス、2006)
    • 『天と地の137年周期』
      (ナチュラルスピリット、2007)
    • 『戦士の道と純粋倫理』
      (倫理研究所、2010)
    • 『純情(すなお)に生きる 稀代の教育者 丸山敏雄』(育鵬社、2020)
    翻訳書
    • 『平行的な知覚に忍び寄る技術』
      (ナチュラルスピリット、2010)
    • 『第三の眼を覚醒させる』
      (ナチュラルスピリット、2014)
  • その他(論文)
    • 『倫理研究所紀要』
      第12号~第30号(2003~2021)

寛 ボルテール
VOLTAIRE CANG

  • 研究テーマ
    • 有形・無形文化遺産研究
    • 日本文化研究
    • 物質文化研究
    • 純粋倫理および丸山敏雄の思想
    • 社会・文化人類学研究
  • 学歴
    • 1994年3月 
      京都大学 教育学部教育心理学科 卒業
    • 2004年9月 
      早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 修士課程 修了
    • 2008年9月 
      立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科 博士課程 修了
  • 学位
    • PhD(博士)(異文化コミュニケーション学)
  • 業績
  • 学術論文(最近5ヵ年)
    • “Shichimi: The Spice, its Trade, and Centuries of Food Business Survival in Japan” 『Herbs and Spices』(London: Prospect Books, 2021)ISBN: 978-1-909-248-72-4
    • “Sushi Leaves Home: Japanese Food and Identity Abroad” 『Food Identities at Home and on the Move』 (London: Routledge, 2020)doi.org/10.4324/9781003085430
    • “Sake, Sushi, and Women” 『Food and Power』 (London: Prospect Books, 2020)ISBN 1-909248-70-3
    • “Policing Washoku: The Performance of Culinary Nationalism in Japan” 『Food and Foodways』 2019 (27) doi.org/10.1080/07409710.2019.1646473
    • “The Sesame Seed and Japaneseness” 「Seeds」(London: Prospect Books, 2019)
    • “Japan’s Washoku as Intangible Heritage: The Role of National Food Traditions in UNESCO’s Cultural Heritage Scheme” 『International Journal of Cultural Property』2018 (25:4) doi.org/10.1017/S0940739118000267
    • “Preserving Intangible Heritage in Japan: The Role of the lemoto System” 「Japanese Art: Critical and Primary Sources」(London: Bloomsbury, 2018)
    • “Landscaping Food and Identity: Rice Paddy Art in Japan” 『Food and Landscape』(London: Prospect Books, 2018)
    • “Death of the Intangible: A Case Study of Heritage Loss in Japan” 『Heritage 2018』 (Portugal: Greenlines Institute)
    • “The Three Great Rare Tastes’ in Japanese Culinary History: Sea Cucumber Entrails, Sea Urchin Gonads and Mullet Roe” 「Offal: Rejected and Reclaimed Food」 (London: Prospect Books, 2017)
    • “Establishing Power in Intercultural Communication” 「立教・異文化コミュニケーション学会記念論文集」(立教大学, 2016)
    • “‘That Was Good’ : Eating, Drinking, and the Etiquette of Slurping in Japan” 「Food and Communication」 (London: Prospect Books, 2016)
    学会発表(最近5ヵ年)
    • “WASHOKU as Cultural Heritage: Preservation & Transmission, Public & Private” Webinar: Cuisines as Cultural Heritage マレーシア/フランス(2021年6月、オンライン開催)
    • “Sushi and Spice and All Things Nice” Culinary Historians of New York 米・ニューヨーク(2021年4月、オンライン開催)
    • “Food as Craft as Heritage” Association of Critical Heritage Studies イギリス・ロンドン大学(2020年8月、オンライン開催)
    • “Shichimi: The Spice, its Trade, and Centuries of Food Business Survival in Japan” Oxford Symposium on Food and Cookery イギリス・オックスフォード大学(2020年7月、オンライン開催)
    • “Fast Sushi, Slow Sushi” Food Studies 台湾・国立高雄餐旅大学(2019年10月)
    • “Sake, Sushi, and Women” Oxford Symposium on Food and Cookery, イギリス・オックスフォード大学(2019年7月)
    • “Outsiders to Japanese Food Heritage: Engendering Shifts” 20th Cambridge Heritage Symposium, イギリス・ケンブリッジ大学(2019年5月)
    • “Sushi Chefs and the Crafting of Nationality” Food & Society, フランス・ソルボンヌ大学(2019年3月)
    • “The Sesame Seed and Japaneseness” Oxford Symposium on Food and Cookery, イギリス・オックスフォード大学(2018年7月)
    • “Death of the Intangible: A Case Study of Heritage Loss in Japan” Heritage 2018, スペイン・グラナダ大学(2018年6月)
    • “Reclaiming Japanese Food and Identity” Food & Society, マレーシア・マレーシア国民大学(2017年11月)
    • “Landscaping Food and Identity: Rice Paddy Art in Japan” Oxford Symposium on Food and Cookery, イギリス・オックスフォード大学(2017年7月)
    • “Sushi Leaves Home: Japanese Food and Identity Outside Japan” SIEF (Société Internationale d’Ethnologie et de Folklore),ドイツ・ゲッティンゲン大学(2017年3月)
    • “The Three Great Rare Tastes’ in Japanese Culinary History: Sea Cucumber Entrails, Sea Urchin Gonads and Mullet Roe” Oxford Symposium on Food and Cookery, イギリス・オックスフォード大学(2016年7月)
    • “Culinary Nationalism and Food Heritage: The Case of Japan” Association of Critical Heritage Studies, カナダ・ケベック大学モントリオール校(2016年6月)
    • “Defining Washoku: Japanese Food Heritage Before and After UNESCO Inscription” Association of Critical Heritage Studies, カナダ・ケベック大学モントリオール校(2016年6月)
  • 翻訳書
    • JOY FOR ALL(原著「万人幸福の栞」)
      (新世書房, 2012)
    • Understanding RINRI
      (原著「純粋倫理入門」)(新世書房, 2016)
  • その他
    • テイラーズ大学(マレーシア)大学院School of Food Studies and Gastronomy客員上級講師
    • リヨン大学ジャンモネ校(フランス)大学院DYCLAM 特別講師(文化遺産研究)
    • 国際学術誌Anthropology of Food編集委員
    • 国際学術誌Food Studies編集委員
    • 学会 Heritage(ポルトガル)学術委員

松本 亜紀
AKI MATSUMOTO

  • 研究テーマ
    • 「無痛安産」に関する研究
    • 妊娠出産体験に着目した子育て支援に関する研究
    • 生涯発達における親子・夫婦関係に関する研究
    • 「誕生」と「死」の場の変遷と死生観の変容
    • 出産・子育てに関する身体技法の研究
    • 「おむつなし」による排泄ケアの実践と普及
  • 学歴
    • 1998年3月 
      琉球大学法文学部人文学科 日本東洋文化コース卒業
    • 2000年3月 
      琉球大学大学院人文社会科学研究科 地域文化専攻修了
    • 2018年3月 
      津田塾大学大学院 国際関係学研究科 博士課程 修了
  • 職歴
    • 2005年4月-現在 
      一般社団法人倫理研究所(専門研究員)
    • 2015年4月-現在 
      千葉大学 国際教養学部(非常勤講師)
    • 2018年4月-現在 
      津田塾大学 学芸学部(非常勤講師)
  • 学位
    • 博士(国際関係学)
      (津田塾大学、2018年3月)
  • 業績
  • 学術論文
    • 『コース性教育学』荒堀憲二・松浦賢長編著(担当:分担執筆、「性の民俗」8-13頁)、朝倉書店、2012年4月
    • 『赤ちゃんにおむつはいらない-失われた育児技法を求めて』三砂ちづる編著(担当:分担執筆、「排尿間隔と身体技法」269-291頁)、勁草書房、2009年
    • 『科学的根拠から考える助産の本質』三砂ちづる 編著(担当:分担執筆、「青ヶ島から考える伝統的な出産介助者の役割」41-48頁)、南山堂、2021年
    書評
    • 姫田忠義著『ほんとうの自分を求めて』(クリエブックス、2013年) 財団法人 日本離島センター『しま』No.237号、116頁、2014年
    • 森川すいめい著『その島のひとたちは、ひとの話をきかない』(青土社、2016年) 財団法人 日本離島センター『しま』No.247号、124頁、2016年
    学会発表
    • 近代的医療化以前の出産における<身体>へのまなざし一東京都青ヶ島村の事例に見る『触れない』出産介助のあり方(総合人間学会研究大会、2017年)
    • 保育園における『おむつなし育児』と『社会的スキル』(日本公衆衛生学会、2015年)
  • 講演
    • 講演「親子の絆とコミュニケーションーおむつなし育児を通じて子育ての『錯覚』を考える-」家庭 教育師・アドバイザー交流会、2017年2月
  • パネリスト
    • 「語られない<身体>一産む・産まない/産める・産めない をめぐる自己決定の所在から」総合人間学会研究大会若手シンポジウム、2017年6月
    • 「家庭において引き継がれるべきもの-「女性論」「身体論」の観点から-」日本家庭教育学会、 2017年8月
  • 所属学協会
  • 日本母性衛生学会、日本健康学会、日本公衆衛生学会、日本民俗学会、日本家庭教育学会、総合人間総合学会
  • 免許・資格
  • 博物館学芸員、高等学校専修免許状
    「地理歴史」
  • その他
  • 第15回 河上肇賞 本賞(2019年)「タビゴヤ ―女は一人で子を産む」

平良 直
SUNAO TAIRA

  • 專門領域
    • 宗教学
  • 研究テーマ
    • 宗教、宗教研究の公共性に関する研究
    • 沖縄の宗教伝統研究、
      聖地と観光に関する研究
    • 宗教教団における信仰継承に関する研究
  • 学歴
    • 1988年3月 
      創価大学文学部社会学会 卒業
    • 1994年3月 
      筑波大学大学院地域研究研究科地域研究専攻(修士課程)修了
    • 2000年6月 
      筑波大学大学院哲学・思想研究科宗教学・比較思想学専攻修了
  • 職歴
    • 2001年4月-2004年3月 
      筑波大学哲学・思想学系助手
    • 2004年4月-2016年3月 
      八洲学園大学専任講師を経て准教授
    • 2016年4月-現在 
      倫理研究所專門研究員
  • その他
  • 東京理科大学・創価大学・琉球大学・東京家政大学・筑波大学などの非常勤等歴任
  • 学位
    • 博士(学術)(筑波大学:2000年6月)
  • 業績
  • 学会発表
    • 「沖縄初期占領期におけるUSCARとキリスト者」、2018年9月、日本宗教学会第76回学術大会(於東京大学)
    • 「琉球列島米国民政府 (USCAR)の『宣振政策と宗教』の再検討」、2017年9月、日本宗教学会第 75回学術大会(於早稲田大学)
    主要著書
    • 『世界の民衆宗教』(共著)ミネルヴァ書房、2004年
    • 『宗教学入門』(共著)ミネルヴァ書房、2005年
    • 『友人葬の現在一変わりゆく葬送儀礼』(共著)東洋哲学研究所、2007年
    • 『よくわかる宗教社会学』(共著)ミネルヴァ書房、2008年
    • 『地球文明と宗教』(共著)東洋哲学研究所、2013年
    • 『持続可能な地球文明への道』(共著)東洋哲学研究所、2014年
    • 『宗教間対話に向けて』(共著)東洋哲学研究所、2015年
    • 『死と生』(共著)倫理研究所、2016年
  • 所属学協会
    • 日本宗教学会
    • 「宗教と社会」学会
    • 日本家庭教育学会
    • 筑波大学哲学・思想学会

水野 雄司
YUJI MIZUNO

  • 研究テーマ
    • 日本思想史学の学的性格の分析
    • 国学思想の変遷と適格性の研究
    • 道徳心・倫理観に内在する歴史観の究明
  • 学歴
  • 2010年9月 東北大学大学院文学研究科博士課程文化科学専攻 修了
  • 職歴
    • 2010年-現在 宇都宮大学(非常勤講師)
    • 2011年-2017年 東京学芸大学 教育学部(非常勤講師)
    • 2013年-現在 武蔵野大学教養教育リサーチセンター(客員研究員)
    • 2013年-現在 NHO栃木医療センター附属看護学校(非常勤講師)
    • 2016年-2019年 麗澤大学道徳科学教育センター(客員研究員)
    • 2018年-現在 一般社団法人倫理研究所(専門研究員)
  • 学位
  • 博士(東北大学、2010年)
  • 業績
  • 単書
    • 『本居宣長の思想構造 その変質の諸相』(東北大学出版会、2016年)
    • 『ミネルヴァ日本評伝選 村岡典嗣』(ミネルヴァ書房、2018年)
    共書
    • 日本道徳教育学会全集編集委員会『新道徳教育全集 第1巻 道徳教育の変遷・展開・展望』(学文社、2021年)
    • 道徳教育学フロンティア研究会編『道徳教育はいかにあるべきか 歴史・理論・実践』(ミネルヴァ書房、2021年)
    • 走井洋一編著『道徳教育の理論と方法』(ミネルヴァ書房、2020年)
  • 所属学協会
    • 日本思想史学会
    • 鈴屋学会
    • 日本道徳教育学会

倫理文化研究センター
特任研究員

丸山 貴彦
TAKAHIKO MARUYAMA

  • 研究テーマ
    • 教育における身体性に関する研究
    • 太極文化の研究
    • 武道にみる心身相関の研究
  • 学歴
    • 2011年3月 
      早稲田大学 教育学部 生涯教育学専修卒業
    • 2014年3月 
      早稲田大学 文学研究科 教育学専攻 修士課程 修了
    • 2020年3月 
      早稲田大学 文学研究科 教育学専攻 博士課程単位取得退学
  • 職歴
    • 2014年-現在 
      一般財団法人天真会 剣武天真流(本部正師範)
    • 2015年-現在 
      一般社団法人倫理研究所(特任研究員)
    • 2018年-2020年  
      早稲田大学文学学術院(助手)
    • 2021年-現在 
      早稲田大学(非常勤講師)
  • 学位
  • 修士(文学)(早稲田大学、2014年)
  • 業績
  • 学術論文
    • 「国際理解教育における身体を方法とする文化理解」(『早稲田教育学研究』第7号、早稲田大学文学学術院教育学会、2016年)
    • 「天真園における太極図の意義」(『倫理研究所紀要』第29号、倫理研究所、2020年)
    • 「武道における『心』の進展」(『倫理文化研究叢書8 心と体』倫理研究所編、2021年)
    書評
    • 「小さき“舞台”にみる地域づくりの希望と可能性」(境野健児他編著『小さな自治体の大きな挑戦』、 八朔社、2011年)、『教育』No.798、かもがわ出版、2012年、122-123頁
  • 所属学協会
  • 日本国際理解教育学会、日本ホリスティック教育/ケア学会
  • 資格
    • 一般財団法人天真会 剣武天真流(四段)
    • 中学校教諭一種免許状(社会科)
    • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • その他
    • 2013年-現在 
      身体を方法とするワークショップや教育実践を多数実施
    • 2021年-現在 
      早稲田大学総合人文科学研究センター(招聘研究員)