倫理研究所

しきなみ子供短歌
コンクール

「しきなみ子供短歌コンクール」は、
日本の伝統文化の継承に
貢献することを理念に掲げ、
国の小学生を対象に開催している
短歌コンクールです。
子供たちの国語力を培い、
豊かな人間性を育成し、
情操教育や道徳教育に
資する活動として、
2005年より毎年開催しています。

「第13回しきなみ子供短歌コンクール」(後援:文部科学省、全国民間放送ラジオ局37社)には、全国の小学生67,350名より短歌が寄せられ、 五次にわたる厳正な選考の結果、「しきなみ子供短歌賞」3名、「特選」20名、「入選」359名、「佳作」561名の作品が決定しました。平成30年2月25日、ニッショーホールで表彰式を開催し、学校関係者を含む742名が来場しました。
表彰式では「しきなみ子供短歌賞」並びに「特選」が発表され、表彰状が授与されました。 また、「しきなみ子供短歌賞」の受賞者には、文部科学省生涯学習政策局社会教育課課長補佐・丹野史教氏より、「文部科学大臣賞」が授与されました。
主催者を代表して丸山敏秋理事長が挨拶に立ち、「入選された子供達の作品(943首)に目を通すと、今年は特にセンス・オブ・ワンダー(神秘的さや不思議さに目をみはる感性)を感じる短歌がいっぱいある。子供ならではの豊かな感性が際立ち、心洗われます」と述べ、入選・佳作の短歌から17首を紹介。しきなみ子供短歌コンクールのさらなる支援と協力をお願いして、幕を閉じました。

「第13回しきなみ子供短歌コンクール」しきなみ子供短歌賞・文部科学大臣賞作品「第13回しきなみ子供短歌コンクール」しきなみ子供短歌賞・文部科学大臣賞作品

式次第

3名
20名
青柳隆志(東京成徳大学教授)、加藤千恵(歌手・作家)、
大木千鶴子(倫理研究所生涯局参事)
3名 ※しきなみ子供短歌賞受賞者
星と森披講学習会
倫理研究所理事長 丸山敏秋