倫理研究所

しきなみ子供短歌
コンクール

「しきなみ子供短歌コンクール」は、
日本の伝統文化の継承に
貢献することを理念に掲げ、
国の小学生を対象に開催している
短歌コンクールです。
子供たちの国語力を培い、
豊かな人間性を育成し、
情操教育や道徳教育に
資する活動として、
2005年より毎年開催しています。

「第16回しきなみ子供短歌コンクール」には、全国の小学生47,003名より短歌が寄せられ、3次にわたる厳正なる選考の結果、しきなみ子供短歌賞・文部科学大臣賞3名、特選21名、入選287名、佳作441名が決定しました。
 令和3年2月21日、倫理研究所 2階ホールで開催した表彰式には「しきなみ子供短歌賞」「文部科学大臣賞」受賞者・受賞者家族を含む33名が来場しました。
 今年はコロナウイルス感染拡大防止の一環として規模を大幅に縮小したため、「しきなみ子供短歌賞」のみの表彰となりました。 また、「しきなみ子供短歌賞」の受賞者には丸山敏秋理事長より表彰状が授与された後、文部科学省総合教育政策局地域学習推進課 課長補佐・田中勉氏より「文部科学大臣賞」が授与されました。
コロナ禍で例年の表彰式とは違った形式となりましたが、記念会食では受賞作品の歌に節をつけた朗詠も行われました。
 最後に前川朋廣副理事長が挨拶し、「コロナ禍の折、縮小した形となった表彰式ではあるが落ち着いた雰囲気の記念会食のスタイルは和やかでよかった」と述べた上で、関係者には今後も当事業への理解と支援を願い、幕を閉じました。

「第14回しきなみ子供短歌コンクール」しきなみ子供短歌賞・文部科学大臣賞作品「第14回しきなみ子供短歌コンクール」しきなみ子供短歌賞・文部科学大臣賞作品

式次第

3名
3名 ※しきなみ子供短歌賞受賞者
宗像総一郎(株式会社中国放送 東京支社ラジオ部長)、長井陽子(しきなみ短歌講師)
特選作品紹介、朗詠