倫理研究所

プレスリリース
2019.4.16

「倫理研究フォーラムin札幌」を開催します

主催:倫理文化研究センター(一般社団法人 倫理研究所内)

 

 

テーマ:考えよう、語ろう、食のこと

現代社会を生きる忙しい私たちは、命を支える食すらも軽視しがち。豊かな日々を過ごすためには、伝承されてきた食文化の知恵を学ぶことが大切です。長い日本の歴史の中では様々な食の知識や技術が蓄積され、そこには今日をうまく、楽しく生きるためのヒントが盛りだくさん。世界からも注目される和食。そこから生活の豊かさを再発見し、人生に潤いを与える要素を見つけましょう。

 

 

―概要―

第一部 
研究発表

考えよう、語ろう、食のこと

寛ボルテール

(倫理研究所倫理文化研究センター専門研究員)

第二部 
トーク

丸山敏秋 × 寛ボルテール × 星澤幸子(料理研究家)

トータルコーディネーター 丸山敏秋(倫理研究所理事長)

 

■日 時:令和元年6月16日(日)
13:30~15:30(13:00開場)

■場 所:札幌市教育文化会館 小ホール(札幌市中央区北1条西13丁目)

■参加費:500円(資料代)

 

 

研究者プロフィール

 

丸山 敏秋 まるやま としあき

 一般社団法人倫理研究所理事長。1953年、東京都に生まれる。東京教育大学文学部哲学科卒業。筑波大学大学院哲学・思想研究科修了。文学博士。日本家庭教育学会副会長。著書に『道徳力』(風雲舎)『「いのち」とつながる喜び』(講談社)『美しき日本の家庭教育』(致知出版社)『純粋倫理と科学』『母性とたましい』『丸山敏雄と日本』『ともに生きる』(以上、倫理研究所)『家庭のちから』『おかあさん』『繁栄の法則』『生きぬく力』『「いのち」の輝き』『つながる』(以上、新世書房)他多数ある。

 

 

寛 ボルテール かん ぼるてーる

1967年、フィリピン、セブに生まれる。京都大学教育学部教育心理学科卒業。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科修了。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科博士後期課程修了。博士(異文化コミュニケーション学)。無形文化遺産や和食、茶道などをキーワードに、日本伝統文化と現代社会との係わりを中心に研究、日本国内外の学会や大学で発表・講義、出版を行なっている。『万人幸福の栞(JOY FOR ALL)』、の英語訳もしている。

 

 

星澤 幸子 ほしざわ さちこ

北海道南富良野町生まれ。星澤クッキングスタジオ主宰。札幌テレビ、どさんこワイド「奥様ここでもう一品」に1991年より毎日生出演を続け、28年目。長期の生料理番組出演の「ギネス」記録保持者。“美味しくて健康的で、長生きできる”食の提案がモットー。

 

 

倫理研究フォーラムとは

 

 倫理研究所 倫理文化研究センターでは、純粋倫理の研究ならびに倫理文化に関する研究の成果を広く公開・発信するために「倫理研究フォーラム」を開催しています。研究発表とパネルトークを行ない、テーマ内容をわかりやすく解説します。

 

 

お問い合わせ先

 

一般社団法人倫理研究所
倫理文化研究センター
〒102-8561 東京都千代田区紀尾井町4-5
TEL 03-3264-2251(代表)