倫理研究所

お知らせ
2018.10.1

【速報】「第12回秋津賞」入選作品

家族への愛が言葉にひびき文字に輝く

 

 秋津書道会創設80周年を記念し、「家族」をテーマに開催された「第12回秋津賞・秋津こども賞」。「秋津賞」には817点、小学生・中学生を対象とする「秋津こども賞」には72点、の応募があり、審査の結果、「秋津賞」は、大賞1点、特選24点、入選21点、「秋津こども賞」は大賞1点、特選10点、入選12点が選ばれました。

 

 その中から「秋津賞」の大賞と特選の作品を紹介します。また全入賞作品は『秋津書道』1月号より順次、紹介します(入賞者名は下記をご覧ください)。

 

 

 

◆ 秋津賞大賞 ◆

 

沖縄 多良間吉則

選評:一篇の詩として大変すぐれています。わが子を愛してやまない純朴な母親と、繊細で傷つきやすい作者。書も一文字一文字心をこめて書かれました。

 

 

 

 

 

◇ 秋津賞特選 ◇

 

 

埼玉 立澤桂子
文言、文字、布置みな素晴しいです。相思相愛のご夫婦の機微を見事に表現しています。こうありたいものです。

 

 

 

埼玉 轆轤裕子

優しいご主人をじっと見つめられています。文字の布置がよく、穏やかな線質がとても美しいです。ぜひご主人にプレゼントしてほしい作品です。

 

 

 

東京 金倉富美枝

個性溢れる独特な書体でご両親を表現されました。内容も微笑ましく、お母さんの可愛らしさが目に浮かびます。

 

 

 

東京 小林容子

ご主人の気持がよく分かる男性は多いでしょうが、奥様もちゃんと分かってくれているんですね。「いいかな」の軽いタッチも味わいがあります。

 

 

 

東京 佐々木裕美

歳を取っても両親にはいつまでも元気でいてほしいですね。最後の言葉に共感しました。字もしっかり真面目に書かれています。

 

 

 

東京 鈴木靖子

こうありたいと誰もが願う言葉です。すっきりした線で素直に書かれました。

 

 

 

神奈川 石尾のり子

ご夫婦でウォーキングをされている姿が目に浮かびます。足を止めて振り返ってくれる優しいご主人様ですね。「必死」さが字に表れています。

 

 

 

神奈川 大内典子

読んでいて胸が熱くなりました。お父さんを深く愛したお母さん、そんなお母さんを尊敬し深く愛した作者。字の大小にも思いの強さが表れています。

 

 

 

神奈川 川田隆志

とてもユニークでユーモアのあるの作品。絵も可愛らしく思わず笑みを誘います。優しい子供さんやお孫さんに囲まれ、幸せですね。

 

 

 

新潟 軽部節子

ご両親の仲睦まじい様子が伝わってきて、ほのぼのとします。丁寧に書かれ、「父」が微笑んで見えます。

 

 

 

長野 丹後谷恭子

二十年前の体型を維持していらっしゃるご主人、食事を預かる奥様の努力の賜物でもあります。ユーモアの感じられる作品です。

 

 

 

静岡 太田とし江

独り身になられて間もない様子がよく伝わります。力強く立派に書かれている文字に、まずは一安心です。

 

 

 

京都 稲田智子

単身赴任の夫を思う妻の気持がよく分かります。文字の大小のリズムが楽しく丁寧に書かれています。

 

 

 

京都 大谷津江子

「皺」の字を工夫されておもしろいです。昔あんなに美しかった容姿も衰え、体重も増えましたが心は変っていません。大好きと言って欲しいですよね。

 

 

 

大阪 青山晴美

ご主人の言葉が何とも胸を打つひと言です。穏やかな線質で丁寧に書かれています。ご主人は作者とお子さんの中に、しっかりと生き続けていることが伝わってきました。

 

 

 

高知 森本富美子

最高のご主人様ですね、こんな風に言っていただけるなんて。「もちろんよ」を一呼吸置いて強調された書きぶりがいいです。

 

 

 

熊本 本多悦子

ご両親からの手紙を思い出された作者、文言に胸を打たれました。一点一画を丁寧に書かれ、線質がとても澄んでいます。ご両親にこの作品の思いは必ず届くことでしょう。

 

 

 

鹿児島 上宮田京子

95歳でも十八番のひじきの煮物を作り、子に持たせるなんて素晴しい。「九十五の母」の力強い線に、お母さんへの愛情の深さ、誇りに思う気持が表れています。

 

 

 

鹿児島 益満和子

お兄様の何ともいえない優しさが伝わってきます。字の大小、布置の取り方、申し分なく見事です。

 

 

 

沖縄 亀里明子

心を込めて丁寧に書かれた、おふくろの味のレシピ。お母様に倣って今も作られている作者。きっとお母様も喜んでおられますね。

 

 

 

沖縄 久貝京子

作者のことを心から思っているお孫さんなのだと、よく分かります。文字の大小をつけ、筆勢がよく出ている美しい作品です。

 

 

 

沖縄 津田愛子

仲睦まじいご両親を見られる幸せが伝わります。卒寿でお元気で何よりです。洗練された筆遣いで見ていて飽きません。

 

 

 

沖縄 德浜純子

63歳になってようやくお母様に言えた「生んでくれてありがとう」の言葉が、ずしりと胸に響きます。字も優しく、布置も素晴しいです。

 

 

 

沖縄 森下里美

体力の衰えは感じるものの心は元気、やる気満々とありたいものです。力強くリズム感があり、楽しい書です。

 

 

 

 

「第12回 秋津賞」入賞者

【大賞】
沖縄  多良間吉則
【特選】 埼玉  立澤桂子
埼玉  轆轤裕子
東京  金倉富美枝
東京  小林容子
東京  佐々木裕美
東京  鈴木靖子
神奈川 石尾のり子
神奈川 大内典子
神奈川 川田隆志
新潟  軽部節子
長野  丹後谷恭子
静岡  太田とし江
京都  稲田智子
京都  大谷津江子
大阪  青山晴美
高知  森本富美子
熊本  本多悦子
鹿児島 上宮田京子
鹿児島 益満和子
沖縄  亀里明子
沖縄  久貝京子
沖縄  津田愛子
沖縄  德浜純子
沖縄  森下里美

【入賞】
宮城  阿部淳子
茨城  佐藤光子
埼玉  由利シズエ
千葉  小岩紀子
千葉  田﨑富子
千葉  武藤厚子
東京  大野公子
東京  志村洋子
東京  新谷美智子
神奈川 川島明
神奈川 諏訪部眞千子
神奈川 寺田美佐惠
長野  酒井勇
岐阜  河合早百合
岐阜  清水昭子
愛知  内藤敏子
兵庫  山本和江
福岡  永江ミサ子
熊本  福原えり子
大分  矢野房代
沖縄  坂田淳子