倫理研究所

活動報告
2023.1.6

【速報】第26回地球倫理推進賞 受賞団体 決定

「第26回地球倫理推進賞」受賞団体が決定しました。

後援:文部科学省、産経新聞社、全国民間放送ラジオ局37社

 

 

2022年7月1日より8月31日まで公募した「第26回地球倫理推進賞」には、国際活動部門22件、国内活動部門17件、総数39件の応募が寄せられました。

 

外部有識者を含む3次にわたる厳正な選考の結果、国際活動部門は「認定特定非営利活動法人 アムダ」、国内活動部門は「認定特定非営利活動法人 いすみ竹炭研究会」に決定しました。贈呈式は2023年3月29日(水)、都内で開催する予定です。

 

 

【国際活動部門】認定特定非営利活動法人 アムダ

相互扶助の精神に基づき、主にアジア・中南米・ヨーロッパの災害、紛争、貧困に苦しむ人々に、医療と保健衛生分野を中心とした人道支援活動を展開。現在はウクライナで過酷な状況を強いられている国内避難者とハンガリーへの国外避難者の医療支援に注力している。

10月までに医師5名、看護師6名、調整員4名を現地へ派遣し、生鮮食品の支援や子供の心のケアを行う。日本を代表する国際保健協力団体。

 

 

【国内活動部門】認定特定非営利活動法人 いすみ竹炭研究会

「竹炭が世界を救う」を合言葉に、放置され異常に繁殖し、周辺植物をも蝕む竹林の整備を行う。伐採した竹を炭加工することで資源として再利用し、竹炭の効能を活かした大地の再生・里山の保全に取り組む。豊かな自然を次世代に繋ぐために放置竹林問題の解決を中心に環境改善、地域再生活動に尽力する。

 

 

※各団体の詳しい活動内容は、団体のホームページをご覧ください。
 各団体名をクリックすると、それぞれのホームページへジャンプします。